『あいさつは笑顔になれるおまじない』のポスターの掲示のご案内

ウクライナ避難民支援委員会委員長の本田です。

ウクライナから避難されてきたサリフさん、イリナさんご夫婦にとって小千谷市では、ウクライナ語を言葉や文字として理解できる方はほとんどいないことから市民が避難民と簡単なあいさつを交わすのも難いことです。

あいさつはコミュニケーションを始めるきっかけの言葉でもあり、相手の言語であいさつができれば精神的な支援に繋がるのではないかと考えます。

そこで小千谷市民とお二人の心の距離を近づける為に市内各地に小さなお子さんでも分かりやすい簡単なウクライナ語のあいさつを掲載したポスターを掲示しました。

また、ポスターの二次元バーコードよりお二人とウクライナ語のあいさつが勉強できる動画をご覧いただけます。

まちでお二人に会ったら、ぜひあいさつをしてみてください。